普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。
舞台探訪(第5話~第8話)

第5話「ビッグな目標立ててみた。」

ラ・プリムール(東京都練馬区石神井台2丁目)

Google Map

 

ヨーデル堂の外観のモデルは、西武池袋線大泉学園駅から徒歩15分程度

離れたところにあるケーキ屋「ラ・プリムール」。ここだけ何故か流山ではなく

練馬区石神井にあります。流川市に登場する建物は必ずしも流山市に

実在するものとは限らなかったりします。(縁の住んでるマンションも然り)

 

【関連リンク】

 

ケーキハウスエーデル(千葉県流山市東初石3丁目)

Google Map

 

実際にたぬケーキが売っているのは、東武野田線初石駅から徒歩10分の

ところにあるケーキハウス「エーデル」。 外から魚心くんのグッズが見えるので

初めて来る流川市民でもひと目で分かります。交流ノートや名刺入れも完備。

 

【関連リンク】

 

 

「タヌキ」1個240円(税込)。中はバタークリームがたっぷり詰まっていて

とても美味しいです。これを買いに遠方から訪れる流川市民もいるんだとか。

 

頭部から食べるか、唐竹割りで食べるか、一口で楽にしてあげるかで話が

盛り上がると思いますが、いざチャレンジしてみるととてもグロテスクな姿に

変貌します。奈々子じゃなくても食べるのに抵抗があるかもしれません。

 

運河水辺公園(千葉県流山市東深井)

Google Map

 

オープニング映像とは対岸の場所から撮影しています。

 

Google Map

 

ゆい「いつも目にしてる景色ですけど、今日は特別に綺麗っすね」

 

散歩やサイクリングにはうってつけの場所です。橋の上から撮影しています。

 

 

奈々子「そういうことだったんですか。ただの魚なのに」

 

運河橋はよく混雑する場所なので、車がない光景に違和感を覚えます。

 

 

ゆい「この流川運河の設計者から取ったそうっす。元はオランダ人らしいっす」

 

河川名も流川運河に変更されているんですが、運河の設計者であるムルデルは

名前が変わることなく、そのまま本体の魚の名前に使われているんですよね。

 

【関連リンク】

 

Google Map

 

奈々子「ゆるキャラなのにどこまで設定が深いんだ…」

 

 

ゆい「…と言う訳っす」

 

利根運河はここからの光景が一番好きですね。

ほぼ同じアングルで撮影出来ました。

 

 

奈々子「あのデザインの全部に意味があったんですね」

縁「まさに、流川市の歴史の象徴ね」

 

前述通り、交通量が多いので車が通り過ぎた直後、すぐシャッターを切ってました。

 

 

ゆい「でないと、自分らみたいに普通にゆるキャラ見れなくなるっすよ」

 

第1話で奈々子が通学していた道を交差点から見るとこんな感じ。

 

 

二人「…あっ」

 

ビリケンさん再び。

 

 

奈々子「この祠ですか?」

縁「違うわよ、ほらそっちの」

 

 

奈々子「えっ、あのブサイクなお地蔵さん!?」

ゆい「ちょっと欠けてるっす」

 

欠けてる箇所も完全に一致。まさか祠よりもブサイクなお地蔵さんのほうが

重要だとは思いもしませんでした。みかんのシーズンになったらまた撮影予定。

 

【関連リンク】

 

 

縁「うん、でもブサイクとか言っちゃダメ。これでもれっきとした福の神よ」

 

本当にどうして流山の端っこにビリケンさんがあるんだろう。

ちなみに奈々子も 「流川市の端っこに…」と言っているので、

宇佐美家は隣町に近いところにあるのかも知れません。

 

 

縁「こうやって、足の裏を掻くと願いが叶うのよ」

 

「知る人がどんなに少なくても、目の前にいる人を全力で幸せにする」

という縁の台詞が実に深かったですね。試しに掻いてみましたが、左手に

ミラーレス一眼を持ちながら撮影するのは少し苦労しました。

 

 

17時43分まで待機した後に撮影。

 

 

縁「足の裏は掻いた?」

奈々子「はい!」

 

エーデルさんでタヌキを持ち帰りして、ビリケンさんにお供えした流川市民は

結構いると思うんですよ。暑い日は避けて、涼しい日に実践しました。

第7話「いろいろ増えてみた。」

流山市役所(千葉県流山市平和台1丁目)

 

ゆい「それじゃ今夜七時、テレビの前に集合っすね」

 

 

ゆい「お疲れ様っす」

縁「明日、みんなで感想を言いっこしましょう」

 

縁が「ちゃんと観ないとビリケンさんにに怒られる」と

言ってましたが、結局三人共まともに観れてなかったですね。

第8話「勇気をだして、呼んでみた。」

流山市役所(千葉県流山市平和台1丁目)

 

後半に入ると、登場するモデルが市役所と駅ばかりになるので

あとはアングルの違いだけになります。

 

 

奈々子「みらいちゃん大丈夫、疲れてない?」

みらい「あっ、はい。大丈夫です」

 

この後大音量で夕方のチャイムが流れるんですが、

流山市も同じメロディ(ドボルザークの「家路」)が流れます。

 

【関連リンク】

TOP