ラブライブ!サンシャイン!!
舞台探訪(第3話)

第3話「ファーストステップ」

沼津駅(静岡県沼津市大手町1丁目)

 

沼津駅北口に立地するショッピングモール「BiVi沼津」。

 

【関連リンク】

 

 

沼津駅には自由通路がなく、南北移動する際は入場券を購入して通行するか、近くのアンダーパスの歩道を迂回しないといけないという、少々面倒な作りになっています。

 

 

 

梨子「東京に比べると人は少ないけど、やっぱり都会ね」

曜「そろそろ部活終わった人たちが来る頃だよね」

千歌「よしっ、気合入れて配ろう!」

 

何故か実物のほうが「北口」の表記がありません。

 

 

千歌「あの、お願いします!」

 

 

訪れた時には自販機が1台しか設置されておりませんでした。

 

 

梨子「意外と難しいわね」

曜「こういうのは気持ちとタイミングだよ!見てて」

 

 

曜「ライブのお知らせでーす!」

 

 

女子生徒「ライブ?」

曜「はい!」

女子生徒「あなたが歌うの?」

 

沼津駅はJR東海の駅ですが、上野東京ラインの停車駅でもあるので、関東ではお馴染みの車両も見かけることが出来ます。ただし、熱海を境に管理会社がJR東日本からJR東海に分かれる関係で、Suicaも使えなくなります。関東から沼津に訪れる際はICカードではなく、切符を購入することを強くオススメします。

 

 

曜「はい、来てください!」

 

曜の父は船長で、その影響で敬礼をするのが癖になったとか。

 

 

梨子「すごい…」

千歌「よーし、わたしも!」

 

 

千歌「ライブやります。是非」

女子生徒「えっ、でも…」

 

沼津駅で女子高生相手に壁ドンする女子高生。この時はこれと言って反応していませんでしたけど、まさか桜内梨子の大好きなシチュエーションだったとは…

 

 

女子生徒「ど、どうも!」

千歌「…勝った!」

 

 

梨子「それは分かってるけど…はぁ、こういうの苦手なのに」

 

 

梨子「あの、ライブやります!…来てね」

千歌「何やってるの?」

梨子「練習よ、練習」

 

海未ほど極度なシャイではないにしろ、梨子も同じ系統なんだなと察しました。ちょうど「シン・ゴジラ」や「君の名は。」が上映されていた時期でした。

 

 

BiVi沼津には映画館も併設しており、奇しくもその名もシネマサンシャイン沼津。仮に今後サンシャインが何かしらの形で劇場公開される機会があった場合、聖地から最も近い劇場になりますね。

 

 

梨子「あ、あの…お願いします!」

 

矢澤2号登場。不審者相手に梨子もよくビラを配る気になれたな。善子も躊躇いながらも受け取ったけど、この頃から多少なりスクールアイドルに興味を持っていたのだろうか。

 

 

梨子「…やった」

 

 

曜「あの人、どっかで見たような…」

 

頭についてるお団子で思い出した可能性。

 

 

千歌「お願いしまーす」

 

 

千歌「花丸ちゃーん!はいっ」

 

花丸たちがいたマルサン書店仲見世店が仲見世通り(南口)にあって、千歌と出会ったのが北口と色々と辻褄が合わないんですが、アンダーパス経由して(何かしらの用があって)北口に来たんだと自己解釈しています。

 

 

花丸「ライブ?」

 

風呂敷のせいで余計にコマさんに見えるズラ。(色的にはコマじろうか)

 

 

千歌「花丸ちゃんも来てね」

 

後ろの高層ビルは沼津で最も高い「イーラde」。屋上階からなら内浦も見えるのだろうか。

 

 

千歌「絶対満員にしたいんだ」

 

 

千歌「だから、来てね。ルビィちゃん」

 

 

ルビィ「あぁ…あの!」

千歌「え?」

 

何かとお世話になる東横インも沼津にちゃんとありました。(しかも2棟も)

 

 

ルビィ「グループ名は、なんて言うんですか?」

千歌「グループ…名?」

 

グループ名を決めないままライブの告知をするという見切り発車ぶり。これは「バカチカ」と揶揄されても仕方がない。ただ、梨子と曜も全く気付いてなかったみたいだから、千歌ばかり責められない。

 

島郷海水浴場(静岡県沼津市下香貫島郷)

 

曜「とにかく、(グループ名を)早く決めなきゃ」

 

いつもの三津海水浴場ではなく、市街地寄りにある島郷海水浴場です。ここからだと曜の自宅も近いです。グループ名は色々出てましたが、内浦ガールズで(ry

 

 

 

訪れた時には海水浴シーズンは過ぎており、海岸には流木を清掃する人たちしかいませんでした。またこの海岸、意外と傾斜があって歩きにくかったです。ヘリが着陸するには不向きな地形だと思います。

 

 

千歌「水(Aqours)か…なんか良くない?グループ名に」

梨子「これを?誰が書いたのかも分からないのに?」

千歌「だからいいんだよ!名前決めようとしている時に、この名前に出会った」

 

誰が書いたかは9話で明らかに。あの人だったとは思いませんでしたわ。

 

三津会館(静岡県沼津市内浦三津)

 

三人「浦の星女学院、スクールアイドル『Aqours』です!」

 

結構年季が入っている会館で、施設名が欠けていますが、本編では直ってます。

 

 

長井崎中学校バス停(静岡県沼津市内浦重須)

 

静岡県沼津市内浦長浜

 

千歌「じゃあ、えっと…浦の星女学院『非公認』アイドルAqoursです!」

 

黒澤姉妹の自宅のモデルは大川家長屋門と隣接する家屋で形成されている模様。全キャラの自宅から最も浦の星(長井崎中学校)から近い位置にあります。

 

 

沼津駅(静岡県沼津市大手町1丁目)

 

千歌「よろしくー」

梨子「ありがとうございます!」

 

 

曜「じゃあせーの、全速前進…」

全員「ヨーソロー!」

千歌「さすが曜ちゃん、人気者」

梨子「ハハハ…」

 

二次元でも三次元でも人気者の渡辺曜。しかし本人はあくまで幼馴染一筋。

 

背景が人物で隠れていて見えにくかったですが、電話ボックス・エリアマップ、そしてベンチが辛うじて見えたので、それに合わせて撮影しました。目と鼻の先に交番がありますので、実際に大人数でヨーソローする時はご注意を。余談ですが、敬礼は基本右手で行うのが決まりだそうです。

 

県道17号線(静岡県沼津市内浦三津)

 

送り迎えする乗用車が軽トラで親近感が沸きました。2016年現在、みとしーのバス停の最終は18:55(平日のみ)なので、これを過ぎたら沼津市街地に帰れなくなります。

 

 

国道414号線(静岡県沼津市獅子浜)

 

志満「それで、うまく行きそうなの?ライブは」

 

市街地と内浦のちょうど真ん中に位置する獅子浜という地区です。

 

 

 

曜「人、少ないですからね。ここら辺」

 

伊豆半島全体に言えることですが、周りが山々に囲まれており、平地が少なく居住できる範囲も限られているので、主に国道や県道沿いに家屋や施設が密集しています。

 

 

三津海水浴場(静岡県沼津市内浦三津)

 

梨子「やっぱり慣れないわ。本当にこんなに短くて大丈夫なの?」

 

長井崎中学校バス停(静岡県沼津市内浦重須)

 

善子も律儀にちゃんと来てくれたのは良かったんだけど、どうしてその格好で来たんだ。日曜日でも一応バスは停車するみたいなんですが、大瀬岬行きのバスは17:05着の1本しかありません。(2016年現在)

 

 

千歌「大丈夫だって、μ'sの最初のライブの衣装だって…これだよ!」

 

沼津市立長井崎中学校(静岡県沼津市内浦重須)

 

梨子「ハァ…やっぱり止めておけば良かったかも。スクールアイドル」

 

 

 

グラウンドが臨時の駐車場になってますけど、誰が誘導したんだろうか。美渡姉か?と言うか、どうしても誰も開始時間を間違えていることを指摘しなかった。

 

 

車で学校に向かえる道が左の坂道以外ありません。丘の上では駐車出来るキャパシティも少ないので、ここまで来たら路駐覚悟で見に行くしかなさそうです。

 

 

沼津駅(静岡県沼津市大手町1丁目)

 

再び沼津駅。北口入ってすぐに改札口があります。どおりで自由に移動が出来ないわけだ。

 

 

有能なモブトリオ。穂乃果の時といい、千歌も友人には恵まれています。

 

沼津市立長井崎中学校(静岡県沼津市内浦重須)

 

1話でもお伝えした通り、校舎や体育館など、撮影の際は生徒や教員が写らないように気を付けましょう。

TOP