ヤマノススメ セカンドシーズン
舞台探訪(新十二合目)

新十二合目「Dear My Friend」

観音寺(埼玉県飯能市山手町)

 

ここな「そうなんですか…大丈夫ですかね、あおいさん」

ひなた「あれから、元気なくってさ。何かメールも送りにくくって」

 

 

ひなたって時々色っぽく見える時があるよね。

 

 

ここな「かえでさんがいてくれれば良かったんですけど…」

 

東飯能駅(埼玉県飯能市東町)

 

かえで「じゃあ、北アルプスを縦走してくる!」

 

よく見たら朝6時前。基本この時間帯に出発してますけど、

今回不参加のひなたとここながちゃんと見送ってるのが凄い。

 

 

かえで「大キレット越えてくるから!」

 

服装からして、かえでを見送った後に観音寺でアイス食べているっぽい?

 

観音寺(埼玉県飯能市山手町)

 

ここな「あおいさんに、会いに行ってみませんか?」

ひなた「多分、さ、今は触れないほうがいいと思う」

 

Google Map

 

ここな「それじゃまた」

ひなた「うん、連絡するよ」

 

市立図書館交差点から。左手に公民館と図書館があります。

 

飯能市郷土館(埼玉県飯能市飯能)

Google Map

 

観音寺から郷土館に向かって歩き十字路が見えたら右折します。

登り坂になっているので写真も少し傾いています。

 

中央公園(埼玉県飯能市飯能)

Google Map

 

 

 

実際に劇中通りに歩くと分かりますが、大分遠回りしているんですよね。

 

 

そして天覧山へ…

 

夢彩菓すずき(埼玉県飯能市仲町)

Google Map

 

こんな暑い日にお勤めする夢馬くん本当に乙。何で飯能銀座を

うろついているんだw 店頭にあおいのパネルが2枚設置されていますが

お店の制服verは強風で倒れてしまってました。(右下に頭部が見えます)

 

第一小学校裏交差点(埼玉県飯能市本町)

Google Map

 

夢彩菓すずきから広小路交差点(左折)→仲町交差点(右折)して

直進するとここに辿り着きます。ここまで約750m。

 

タイムズマート(埼玉県飯能市山手町)

Google Map

 

ヤマノススメファンの聖地の一つである「タイムズマート」。

関連グッズが多数販売、展示されており、単行本や交流ノートも設置されて

いるので、読み耽ていたら長時間滞在してしまいそうです。天覧山に

登る前に、あおいみたいにここで飲食品を購入するのもいいかもしれません。

 

天覧山(埼玉県飯能市飯能)

 

撮影時期が秋だったので紅葉がとても綺麗でした。

 

 

天覧山登り口。

 

 

案内板。

 

Google Map

 

あおい「最初が、ここだった…」

 

 

あおい(前は息が切れてたのに、前より全然登れる)

 

 

あおい「前はこっち(右)だったから、こっち(左)から行ってみようかな」

 

分岐点。右は比較的楽なルート、左は少し険しいルートになります。

 

 

十六羅漢像。

 

 

岩場に地蔵が並んでいて明るい日でもやや不気味。

 

 

あおい(なるほど…)

 

右のルートとは違い、左のルートは崖沿いなので意外にスリリングです。

そう言えばあおいは高所恐怖症の割にここでは特に怖がってなかったですね。

 

 

あおい(ちょっと険しいかも…)

 

岩肌がゴツゴツしていて歩きにくいものの、決して難しくはありません。

ただ、あおいみたいにサンダルで登るのは余りオススメしません。

 

 

あおい(でも、もう頂上だ)

 

気が付いたらあっという間に頂上。

 

 

展望台の案内板。

 

 

天覧山から一望する飯能の街並みはいつ見ても美しいです。

奥の高層ビル群は言わずもがな大都会東京。都庁舎も見えます。

 

 

二人「どうしてここに!?」

 

いくらなんでもここで気付くのは遅すぎだろと突っ込みたくて仕方がない。

 

 

あおい「さっきハガキが届いて、天覧山って書いてあったからちょっと懐かしくなって」

 

 

あおい「多峯主山?」

ひなた「この先にも山があるんだよ。と言うかここから本番かな」

 

この回で初めて多峯主山の存在を知りました。難読過ぎて

「とおのすやま」ってGoogle日本語入力ですら変換出来なかったり。

 

多峯主山(埼玉県飯能市飯能)

 

ここで「スタッカート・デイズ」が流れるとは実に憎い演出。

 

 

撮影当日、天気は良かったんですが早朝まで雨が

降っていたこともあり、あちこちで泥濘んでましたね。

 

 

「まむしに注意」

あおいがこの看板を見て驚いてましたが、自分はこの看板があちこちに

設置されてたことに驚きました。まむしの文字がスプレーで塗り直された?

 

 

劇中では「飯能笹」が青々と生い茂ってますが、冬場はこんな感じ。

 

 

ひなた「ここ、見返り坂って言うんだよ。昔々どっかの偉い人が(省略)」

 

どっかの偉い人=源義経の母親で、風景の美しさに

何度も振り返って見てしまったと案内板に書かれてました。

ひなたの解説はかなり大雑把だけど、筋は通ってたりします。

 

 

ひなた「あおいーっ!」

 

見返り坂まで割となだらかな斜面が続きますが、

頂上が近づくにつれて徐々に険しくなってきます。

 

 

頂上間近まではこんな感じの林道が続いているので、

天覧山同様ハイキング気分で行っても全然問題なし。

 

 

頂上に通じる石階段。鎖場がありますが、実はこれ「子供専用」です。

まぁ、二人共まだまだお子ちゃまのようなものだから問題なしってことで。

 

Google Map

 

頂上。天覧山よりも124m高いですが、それでも標高300mもありません。

ただ、天覧山よりは肌寒さを直に感じました。そして風が強かったです。

 

 

天覧山から眺望するのとはまた違う景色が楽しむことが出来ます。

 

 

ひなた「スカイツリーだ!」

あおい「高尾山からも見えたよね」

 

この景色を撮影するために一眼レフを持った人が結構いましたね。

 

 

あおい「…富士山」

 

方向は間違ってないんだ(´・ω・`)

 

 

あおい「あっそうだ、羊羹食べる?ひなたが前にくれたやつ。半分こしよう」

 

原作の山コーヒー回に憧れてタイムズマートで缶コーヒーを買ったは

いいものの、ここに来る間すっかり冷えきってしまいました。登山用品は

どれもこれも高いので、ステンレスマグボトルにホットコーヒー入れて

持ち歩くのがベストかな。その場で淹れるのは手間暇かかりすぎますし。

TOP