ヤマノススメ セカンドシーズン
舞台探訪(二十合目)

二十合目「ここなの飯能大冒険」

夢彩菓すずき(埼玉県飯能市仲町)

 

スーさん「愛情だね」

 

決して「あなたのドキドキ取り戻してみせる」つもりではありません。

 

 

あおい「明日山に登る時に持って行こうかと思いまして」

ひかり「へぇ、あおいちゃん意外とアウトドアだよね。かっこいい!」

 

飯能市内某所

 

ここなの自宅のモデル。実際に住人もいますので、具体的な場所と

アパート名は伏せておきますが、市内の某所にあるのは確かです。

 

中央公園(埼玉県飯能市飯能)

Google Map

 

公園看板。

ここからここなの飯能大冒険が始まります。写真の量も半端ないことに。

実際に目的地まで歩こうかとも考えましたが、結局バイクで移動しました。

 

 

ここなちゃんの脚。

 

 

ここなちゃんの二の腕。

 

 

後期EDでも登場したアスレチック遊具。

 

Google Map

 

ここな(あそこへ行ってみよう!)

 

登山靴を慣らすなら多峯主山まで登るくらいでいいかもしれませんが

飯能大冒険ルートはある意味登山コースよりも険しかった。

 

飯能市市民会館(埼玉県飯能市飯能)

Google Map

 

 

市民会館と郷土館の間を通る。

 

飯能恵比寿神社(埼玉県飯能市飯能)

Google Map

 

幟がズラっと並んでおります。

 

諏訪八幡神社(埼玉県飯能市飯能)

Google Map

 

諏訪八幡神社拝殿。

 

 

境内にも絵馬掛けがあり、観音寺ほどではありませんが

ヤマノススメ関連の絵馬も掛けられておりました。

 

Google Map

 

境内の階段を降りると観音寺に通じる狭い道路に。

 

飯能河原(埼玉県飯能市久下)

Google Map

 

観音寺前の階段を下り、飯能河原方面へ。神社から

歩いてくるとつづら折りのようになっているのが分かります。

 

飯能市中央公民館(埼玉県飯能市飯能)

Google Map

 

飯能河原を通過し、再び階段で上り。

 

 

この辺りはアップダウンが山と同じくらいあるので運動不足の

身体で歩くとなかなかハードです。なお、24話では同じ場所で

ひなたがシュークリームを食べています。

 

 

駐輪場。

日中でもご覧の通り真っ暗。せめて電灯は付けて欲しいですね。

 

飯能大橋(埼玉県飯能市矢颪)

Google Map

 

中央公民館から少しワープして飯能大橋の隣に掛かっている橋から。

 

Google Map

 

その橋の横から抜け道がありますが、車やバイクの通行は禁止となってます。

 

 

飯能大橋の下。

 

Google Map

 

ここな「わぁ、いいんですか?」

女性「この子もどうぞって」

 

遊歩道の先の柵の下で、ひなたとここなが水切りしていました。(新五合目参照)

 

 

休憩している所にでっかく落書きが描かれていて、景観が悪いのが残念。

 

Google Map

 

ここながスキップしている土壌は粘土のように柔らかかったです。

 

埼玉県立飯能南高等学校(埼玉県飯能市阿須)

Google Map

 

飯能大橋から更にワープして飯能南高校。帰宅時間帯でしたが、

撮影場所は学校から100m以上離れたところで撮影したので大丈夫でした。

 

阿須の鉄橋(埼玉県飯能市阿須)

Google Map

 

八高線の鉄橋の下から。

 

 

さすがに209系を待ってる暇はありませんでした。

 

 

こっちは逆に学校から程近いので、生徒が近づく前に撮影してすぐ離脱。

 

阿須運動公園(埼玉県飯能市阿須)

Google Map

 

一つ前のシーンで、入間川にかかる橋があるんですが、大雨の影響で

流されて現在も復旧されていない状態なのでカットしました。

 

 

埋もれたゾウさん。

 

 

かたつむりの水飲み場にステゴサウルスの背中の板といい、

 

 

ここな(あと少し)

 

歩道橋を渡り、市民体育館の駐車場を通り抜ければゴールです。

 

あけぼの子どもの森公園(埼玉県飯能市阿須)

Google Map

 

目的地に到着。

ここは出入口ですが、階段の左右に描かれてる柱がありません。

 

 

夏だと木々が生い茂っているんでしょうが、冬ではご覧の通り。

 

 

駐車場から公園までは坂道になっています。

 

 

この公園はムーミン谷を再現したそうで、変わった形をした

建物はムーミンが住んでた家(ムーミン屋敷)だそうです。

 

 

ムーミンの家の飾り。

 

 

水浴び小屋。

 

 

子ども劇場の屋根飾り。

 

 

来た時には逆光が酷かったので夕方に撮影。

 

 

ムーミン屋敷に実際に入ることが出来ます。ステンドグラスが

とても綺麗なんですが、室内が暗くて撮影に手こずりました。

 

 

屋敷の中はこんな感じ。日中に来ましたが、やや薄暗いです。

 

 

小人サイズのテントやベッドが飾られていました。

 

 

大の大人が移動すると結構窮屈に感じます。

 

 

 

「森の家」では、ムーミンの絵本などが閲覧出来るスペースがあります。

 

 

 

 

ベンチは設置されておりませんでした。

 

 

中央公園からここまで片道約6km(小冊子調べ)、運動不足の身体にはかなりの

距離に感じますが、市内は歩いていてとても楽しいのでそれほど辛く感じないかも。

帰り道歩くのがしんどければ、最寄駅の元加治駅から市街地に戻るのも良し。

TOP